<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ゆっくりな成長


発達障害児さんを理解する上でとても参考にしているサイトがあるんですが、
今回は自分が


 想像していた以上に凸凹さんの成長はゆっくりなんだなぁ・・・。


と思った記事について紹介したいと思いました。

内容は、ちょっと長めの記事なのですが、

発達障害、自閉系の大人の方が、
幼少時代を振り返っていて、

 「世間と子ども時代の自分をどうみていたか」

という感想を紹介している記事です。


  →


なんというか、改めて凸凹さん本人の ”当時の気持ち” を読んで、
いかに自分が ”急ぎすぎている” かがわかって、
反省することも多く・・・。

そしてこの記事の後に続けてこちらの記事も読んだりすると


 →



私は今は仕事を持っていて、日中は保育園まかせなワケですが、
サーヤさんが小学校に上がったら、仕事を辞めて、
勉強の答えの出し方は学校で習った方法だけじゃないよ、とか、
クラスメイトとのかかわりで問題が出てないか、とか、
今のサーヤさんの興味関心ごとは何か、とか、
そういったことにもっと一緒に関わっていってあげないとな・・・
と思ったのでした。


そういえばサーヤさんが保育園に入って2ヶ月経った頃、
サーヤさんは4月生まれだからその頃はもう3歳7ヶ月だったわけなんですが、
 (10月に開園した園です)
周りの子はサーヤさんより当然下で、
中には11ヶ月下の子もいたりするワケです。
なのにその子たちはお友達の名前どころか、
そのママさん、パパさんの顔まで憶えて挨拶してくれてたりしました。
サーヤさんはというと、
まだ全然お友達の名前もわからず、言えず、
その頃は園が終わって自転車で家路に向かう際も


 「ねぇ、これからどこに行くの?保育園?」


と、12月の夕方、もう真っ暗な中こんなことを言われ続ける日々に、
私は


 「どうしてお友達のことも、昼、夜の区別もわかんないんだろう・・・」



と、目じりに涙をためて自転車こいでいました・・・。


まぁ、そんな不安を当時の主任先生に相談したら


 「大丈夫ですよ!
 みんなまだ夢の中で生活してますからねぇ!


と言われて救われた気持ちになったっけなぁ・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。



・・・話は戻って、
こちらのスカイさんのブログは、凸凹さんのその後、大人になって今は何をしているか?
という記事も多いので、凸凹さんの成長は


 長い目でみないとわからない


ということは理解していたんですが、



  想像以上に夢の国だった・・・



ということで、


  改めて覚悟した・・・


という今回のお話でした。。。



最後まで読んできただきありがとうございました。
[PR]
by atelier-lane | 2014-11-29 14:02 | | Comments(0)