リカちゃん人形のドレスで学んだこと

夏休み中、ずっとリカちゃんのお人形で遊んでいた娘。


いつの頃から、

 「このコの白いドレスがないの。。。

 ドレス作りたい!」

というようになった。


内心、

 (めんどうだなぁ~。。。でもうちのコは作るまで言い続けるよなぁ~。。。)

って思い、何度目かの娘からの訴えにしぶしぶ、重い腰をあげて作ってみた。


娘の希望をきいて、丈が短くて、少しタイトな白いドレス。

胸元とスカートの裾にはキラキラしたレースを使う。

ズボラな私は、

なんとか手元に残ってる生地でこさえよう、

って思って、

娘が新生児の時に作った肌着の生地の残りで作ってみた。

それがこちら↓


e0314889_11125765.jpg


娘、大喜び!!


よほどうれしかったのか、

しばらく夢中で遊んで、

そして次の日に私に語りだす。。。



 「あのね、○○ちゃんがね。

  この前遊んだ時ね。

  どうしてもウェディングドレスが欲しいっていうから、

  あげちゃったの。

  だからね、

  このコの白いドレスが欲しかったの」


それを聞いた私。

 「・・・・・・・・」

 「・・・・なんであげちゃったの?

 その白いドレスは、いとこのお姉ちゃんが、

 サーヤちゃんにってくれた大事なドレスだよ?」

 「だって、ウェディングドレスに変身するアニメがあってね、

 ○○ちゃん、それにハマってて、

 ○○ちゃんは、ウェディングドレスもってないから。。。」



今ごろそれを言うか、娘よ。。。

ちゃんと言ってくれれば、おかーちゃん、ちゃんとドレス生地買って作ったのに。。。



○○ちゃんの件は、仕方ないと思ってる。

この年齢のコたちは無邪気にすぐ「私もほしい・ずるい」って感情をあらわにするし口にだす。

○○ちゃんのママからもドレスを貰った話しとか聞かないから

ママにも話してないと思うし、知らないのだろう。


これも許容範囲。


この年齢のコにそういうのを求めてはいけない。。。


でもモヤモヤするのはなんで??


多分、自分の娘にイライラしてしまったからだと思う。


ちゃんと断れない娘。


 「あげていいかお母さんに聞いてみるね」


ともいえない娘に。

夫は

 「サーヤはやさしいコだなぁ、って思うよ」

と言ってくれたけど、

子どもの世界では口の大きく騒いだコが得をし、

罪の意識もなく、

そして引っ込み思案なコは損な役回りをする。

これを「 優しさ 」と言っていいの?



しばらく悶々とし、

数日かかって自分の気持ちに整理をつけ、

ちゃんとしたサテン生地とレースを購入。


娘にも新しいデザインを考えてもらって、

一緒に作ったドレスがこちら↓



e0314889_11122781.jpg







今回は娘の希望だったビーズの装飾もめんどくさがらずにつけた(笑)


バックの段ボールハウスは娘作。

グルーガンを使って、

火傷しながら一生懸命作ってた↑


今後も、引っ込み思案な娘のことだから、

こんな感じのトラブルはあるだろうな・・・と思う。


何人か、小学校でできたお友だちを家に連れてきたことがあるけど、

女子は他人との比較がすごくって。


 これもってる、○○できる、○○に行った、○○やったことある


主張のオンパレードだったりする。


このくらいのコたちって、

自慢だとか、優位だとか、女のコのイヤなところとかダイレクトすぎて・・・(^‐^;)

交友関係を観察したり、娘のお友だちに話しをきくと、

娘はクラスのみんなが嫌うコから好かれているらしいし。。。


娘は他人を否定しないから、

我の強いコがよってくるんだろうなぁ。


娘には

ちゃんと意見を伝えないとダメなこと、

自分の意見を言いにくい時は、

お母さんを引き合いにだして


『 聞いてみてからでいい? 』


というスタンスをとることを教えたけど、

多分何回か経験を重ねないと覚えないし身につかないコミュニケーションスキルだろう。



うん、がんばっていこう!


以上、

私も色々学んだ出来事でした!






[PR]
by atelier-lane | 2018-09-28 11:15 | | Comments(0)
<< 今度はキャリーケース作り これも右左盲?-その2 >>