タブレットが学習障害児の未来を変える -NHK Eテレ-

昨夜放送されたNHK Eテレ 「 ハートネットTV 」、

 タブレットが学習障害児の未来を変える

録画して、主人と一緒にみました!



ただ東京大学が、

子どもたちがタブレットのどんな機能を多く使っているかデータをとっている・・・

というところからも、

iPadを導入した小学校が 「 モデルケース 」 であることは確かで、

全国の学校で導入されるのはまだまだ先かな~・・・的な、

少しガッカリした気持ちもありましたが、

それでも日本の教育現場もやっとここまできたんだ! 

って、期待ももてた放送でした。


なによりタブレットを使って勉強していた、

読み書きが苦手な学習障害をもつ太一くんが


 「 勉強たのしい 」


と言っていたのが、

この学習方法が子どもたちにとってハナマルだったと言えると思います☆



そこで太一くんが使用していたアプリを紹介しておこうと思います。

 ・Evernote エバーノート
  →iPadやiPad miniで使える最新Evernoteアプリ16個まとめ【2013年版】

 ・Mind map マインドマップ
  →iPadのマインドマップツールまとめ


e0314889_9172728.jpg
           画像はNHK EテレHPからお借りしました


実際に太一くんが使用していたアプリが、

どの会社のなんていう名前のアプリかまでは特定できなかったのですが、

これ系のアプリは沢山でていて、

自分が使いやすそうなものや用途に合わせて探すしかないかな・・・っと。



再放送は6月26日(水曜)です。





最後まで読んできただきありがとうございました。
↓ ワンクリック、励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




[PR]
by atelier-lane | 2013-06-20 09:25 | | Comments(2)
Commented by pinga at 2013-06-20 14:32 x
タブレット、学習障害の子だけでなく全ての子供が利用できそうですよね。
あの情報収集、でも半分くらいは遊びで拡大している子もいると思った(笑)

今は色んなツールがあって、少しずつですが生きやすい世の中になってきて
あとは周りの人の理解や認知が広まればもっといいですよね。
Commented by atelier-lane at 2013-06-21 13:13
>pingaさん
そうなんですよね、放送をみるかぎりでは全員が使用していて、
さすが「日本の学力の底上げ」を目指しているだけあるなと思いました。
千葉の太一くんだけは学校に申請して許可をもらってると言ってたので、学習障害を持っている方は学校に交渉してみる価値はありそうですね!!

そうなんですよね、遊び感覚っていうのが大事だと思います!
でも友人談ですが、年配者に仕事中も遊んでるとか思われたとかなんとかで・・。心外ですよね。本当に pinga さんのおっしゃる通り、まわりの人の理解や認知、これに尽きると思いました。
<< 超低用量ピル「ヤーズ配合錠」 そろそろスマホかなぁ… >>